やっぱり変わった人が多い?!ゲームを学ぶ専門学校に向いてる人!

ゲームのシステムに興味がある人は作り手に向いている

アーケードセンターにあるものや専用機、スマホ、パソコンなどのコンピューターゲームが好きという人は、大きく分けて二つに分けられます。まず、ゲームで遊ぶのが好きという人、そして、ゲームというシステム自体が好きという人です。後者のタイプで、本物の人間と見間違うようなリアルなキャラクターを自由に動かしたい、ゲームの世界で自分の映像イメージを表現したいといった人はゲームクリエイター、つまり遊ぶ側ではなく作る側に向いているといえるでしょう。
では、ゲームクリエイターになるには具体的にどうすればいいのでしょうか。いろいろな方法がありますが、一から学びたいというのであればやはり専門学校に入るのが一番の近道といえます。

専門学校で学ぶには資質が必要

ただ、専門学校で学ぶのも向き不向きがあります。クリエイター志望者の中には人付き合いが苦手という人は少なくなく、そういう人は独学の方がいい場合もあります。
では、学校で学ぶのに向いている人はどのような資質がある人でしょうか。まず、多くの人とリアルで接することに抵抗がないというものが挙げられるでしょう。専門学校では、いろいろな人と組んで共同でゲームを制作するという授業もあります。そこでうまくコミュニケーションが取れる人でないとこなすのは難しいです。
また、自分でスケジュール管理ができるという資質も必要です。専門学校は義務教育ではないので、提出期限にレポートや制作物を出せなければ単位を取ることができず、留年になってしまいます。気が乗らないとなにもしたくないという人だと、卒業するのはかなり大変といえるでしょう。